シノジャパン 事業コンセプト

Syno の最初の海外拠点として、グループ全体の早期に Syno Japan を立ち上げることで、外資IT企業の日本におけるビジネス展開において、常に課題となる「日本市場の特有のニーズに対応する柔軟かつタイムリーなローカライゼーション」を Syno Japan のビジネスコンセプトの軸とし、独自の データ取集 のソリューションを開発し、提供しています。

その一例を紹介させて頂きます。

海外調査の需要が拡大する中、日本企業が 海外調査 を行う上でのハードルはコスト面及び時間面で非常に高いものでした。それは、データ収集の現状のフローに問題があります。通常、日本企業が海外の消費者に対してインターネットで行う リサーチ は、下記のフローで行われます。

国内に比べて、海外の ネットリサーチ は複数の仲介業者が入り、シームレスなワークフローを効率しにくいのが現状です。 Syno Japanは、アンケート主体に対してアンケートに答える側に直接アクセスを提供し、海外調査の一連のフローをシームレスに実施することができるシステム「Syno Answers」を開発しました。 Syno Answersにより、日本のお客様の 海外リサーチ における様々なニーズに答えることが可能となります。具体的なソリューションは以下からお選び頂けます。

グローバルオムニバス

一般消費者を対象とするグローバルオムニバス調査。国勢調査の比率で回収した1000人のインサイトを1問3万円で1週間で結果を提供します。

グローバルトラッキング

同じ条件の対象者に対して、定期的にリサーチを行うトラッキング調査。認知度やマーケット施策の効果測定を時系列で測定することができます。

グローバルカスタム調査

複雑なロジックや厳しい対象条件に対応し、Synoのグローバルリサーチの経験豊富なプロジェクトマネージャーやリサーチャーがトータルサポートするグローバルリサーチサービス。

Syno Japanは、海外調査に対応した独自のシステムとデータソースを活用し、従来の海外への市場調査の非効率さ解消することで、データ収集に必要なコストと時間を最小化します。また、海外調査に精通したSyno Japanの営業及びリサーチチームより、対象国の現地事情を踏まえたリサーチコンサルティングも併せてご提供しております。