【海外調査:米国】3大SNSアプリの使用頻度について。普段の日と旅行に出かけた日に見られる違いは??みんなどんな写真を撮っているの??

 はじめまして、Syno Japan株式会社です。このブログを通じて、弊社が独自に、またはクライアント様と共同で実施した海外調査の分析結果を定期的にご紹介させて頂きます。

 第二弾のテーマ「3大SNSアプリの使用頻度について。普段の日と旅行に出かけた日に見られる違いは??」です。
気がつけば私たちの日常に当たり前のように溶け込んでいるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。
Facebook、WhatsApp、LINE、Weibo、Wechat、WhatsApp、Instagram等のSNSが世界中で開発され、人と繋がる、情報を発信・収集する手段としてあらゆる国のユーザーがこれらを利用しています。

普段の使用頻度は?

 今回は1050人のアメリカ人を対象にSNS使用頻度についての調査を行いました。その中でもユーザー数の多い、Twitter、Instagram、Facebookの3つを普段の時と旅行時の2つの状況に分けて調査を行いました。
 まず普段のSNSの使用率から見てみましょう。
Twitter :使用すると回答した人 18.2%、「使用しない」と回答した人 40.0%。アメリカでは現在Twitterを使用している人があまり多くないことが分かります。
Instagram:使用すると回答した人 21.1%、「使用しない」と回答した人 41.0%。Instagramの使用者の割合がTwitterのそれを上回る結果に。
Facebook :使用すると回答した人 52% 、「使用しない」と回答した人 12.8%。ユーザー数が全世界で20億人を越えたFacebook。アメリカ国内でも圧倒的な地位を確保しています。

 (図1)

図1SNSの利用頻度をTwitter、Instagram、Facebookそれぞれ分析した結果を%に表している(Daily)。

また年齢別に見てますが、どの年代もFacebookを使用する割合が最も高く、その後にInstagram、Twitterが続いています。(図2)

図2 各SNS(Twitter、Instagram、Facebook)の年代別の利用率(%)

 

 

旅行中の使用頻度は?

旅行中のSNS使用率は普段の日に比べて全体的に減少する傾向が見られました。

Twitter  :「使用する」と回答した人 15.4%、「使用しない」と回答した人 47.1%。

Instagram:「使用する」と回答した人 21.1%、「使用しない」と回答した人 41%。

Facebook :「 使用する」と回答した人 38. 4%、「使用しない」と回答した人 12. 8%。

旅行時においてのTwitterとInstagramの使用率は普段のそれに比べてあまり差が見られませんでしたが、Facebookは普段の使用率に比べ比較的差が見られました。(図4)やはり「旅行しているときくらいはSNSから離れて…」という傾向がわずかながら見られるのではないでしょうか。しかし昨今ではFacebook、InstagramともにLive配信ができるようになりました。そのことを加味すると今後同様の調査を行った場合でも、また以前とは違った結果が現れてくるかもしれません。

図4 SNSの利用頻度をTwitter、Instagram、Facebookそれぞれ分析した結果を%に表している(traveling)。

写真を撮る対象は?

最後は写真を撮る対象についての調査。以下のグラフは旅行中と普段最も撮る写真を比較した結果です。旅行中でも、一般的な状況で「風景」であると回答した人が圧倒的に多い結果でした。その次も両方の状況で「自分と一緒に旅行する人」と答えた人が多い結果が見られました。全体的に見ると旅行中写真を撮る頻度圧倒的に高いですね。私も旅行に行くと毎日飲んでいるペットボトルさえ格好いいと思います。皆さんはどうですか。(図5)

図5 普段&旅行中で最も写真を撮る対象に対する調査。

今回はSNS使用に関する調査でした。私たちの生活の重要な一部になっているSNS。みなさんもご存知の通り、それはアメリカや日本に限ったことではなく、全世界的に同じような状況が広まりつつあります。さらに、今回の調査は個人に向けて行いましたが、多くの企業でもSNSを利用してユーザーとの距離を近くしコミュニケーションを取ろうとしています。SNSを利用するユーザーはさらに増え、その役割も増えると推測します。果たして、今後のSNSの在り方やサービスはどのように変化していくのでしょうか。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全米50州に居住する10代~60代の男女1050名(有効回答数)
Syno Japanは定期的に海外の消費者を対象とした自主調査を行っています。ご興味のある国で聞いてみたい質問がある方、ぜひお気軽にお問合せページからお問い合わせ下さい。

About the author

Leave a Reply